資料

平成28年度「大学トップマネジメント研修」第3回国内プログラム公開セミナー 開催レポート 

シンガポール国立大学(NUS)のTan Chorh Chuan 学長をお迎えし、グローバル化が進む今日、アジアの研究大学が世界をリードする研究大学であるためには如何なる戦略が必要なのかを、Tan 学長ご自身の経験をもとに、ご紹介いただきました。

Tan学長の基調講演では、知識基盤社会における研究大学の役割や研究大学に必要な要素、東アジアにおける研究大学の特性及びその展望が示され、NUSでは、他の大学との差別化を考えるにあたり「アジアを拠点とした主要なグローバル大学になる」というビジョンを掲げ、ある課題に対し欧米的なアプローチとともにアジア的なものの見方も身につけるようにしていることや、欧米では取り上げられていない課題についての研究も重視していること等が紹介されました。(Tan学長のプレゼンテーション資料はこちらからご覧いただけます。)

また、鼎談には、安西 祐一郎 独立行政法人日本学術振興会理事長、濱口 道成 国立研究開発法人科学技術振興機構理事長に加わっていただき、上山隆大 内閣府総合科学技術・イノベーション会議議員のモデレートのもと、研究大学におけるリーダーシップ像や東アジアの大学の基盤となる富としてどのようなものがあるか等について意見交換が行われました。

Tan学長による基調講演の様子

鼎談の様子

日時2017年2月25日(土) 13:00-16:10 (開場:12:15)
場所イノカンファレンスセンター RoomA1,2,3
IINO CONFERNCE CENTER RoomA1,2,3 
Access:日本語、English
※GRIPSではございませんのでご注意ください。
言語日英同時通訳あり(Japanese/English simultaneous interpretation is available)
参加申し込み登録フォーム/Registraion Form
締切:2月22日(水)正午 ※申し込みは定員に達し次第、締め切らせていただきます。
Due Date: February 22, Noon *Registration will be closed as soon as the number of applicants reaches the capacity.

※登録フォームからお申込いただけない場合は、下記内容を明記の上、下記問い合わせ先までメールにてお申し込みください。
1.お名前、
2.ふりがな、
3.ご所属、
4.お役職、
5.ご連絡先(E-mail)、
6.主催者からの関連イベントのメール配信の希望の有無

※If you cannot open the form, please send email to the Secretariat, ttm-ml***grips.ac.jp.(***>@) Registration email must include:
1) Name*,
2) Institution*,
3) Job title,
4) Contact information(email address)*,
5) Would you like to receive email on related topics from the organizer and the supporters of this event?* (Yes or No)
お問い合わせ政策研究大学院大学 科学技術イノベーション政策研究センター(SciREXセンター)
イノベーション経営人材育成システム構築事業「大学トップマネジメント研修」事務局(担当:濱地、児玉)
Email: ttm-ml***grips.ac.jp (***>@)